忍者ブログ
それさえもおそらくは平穏な日々Ⅱ
プロフィール
HN:
せんちゃん
性別:
男性
職業:
技術系
趣味:
スポーツ観戦・史跡巡り
自己紹介:
セレッソ大阪サポーター

遠征の合間に各地の
城跡巡りをするのが楽しみです。
カレンダー
11 2017/12 01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
ブログ内検索
QRコード
(`・ω・')シャキーン!
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

*5月3日 城めぐり3部作 最終章

浜松を出て、しばらく東進を続けると、またもや城が。

掛川城

掛川城です。

戦国時代に今川義忠が家臣、朝比奈泰煕に命じて文明年間に築城したと言われていますね。
その後、家康の領内となちましたが、1590年に家康が駿府城から江戸城に移転すると、掛川城には豊臣秀吉の直臣であった山内一豊が入城。

山内一豊…今が旬ですねぇ。

1600年、関ヶ原の戦いの後、一豊は高知城に移転しました。
その後、掛川城には多くの大名が入り、何度か城の修築も行われました。

が、幕末の大地震で、天守を含む大半の建物が倒壊。
その後、天守の再建は行われずにいたものの、1994年(平成6年)に、市民や地元企業などから十億円の募金を集め、戦後初の木造天守を再建。
今や、掛川のシンボルです。
再建する際、同じ山内一豊が築城した高知城を参考としたそうです。

残念ながら、浜松で時間を取られて急ぎの旅になった為、ここの見学も次回に持越しです。
帰りに通ると、ライトアップされてきれいでした。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28]

Copyright 航 跡 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material: Milky Way
忍者ブログ [PR]